都筑区の内科、消化器内科、内視鏡内科、外科、肛門外科/仲町台駅前まつのぶクリニック

仲町台駅前まつのぶクリニック
お問い合せはこちら TEL:045-943-3377
〒224-0041 横浜市都筑区仲町台1-2-20 フロンティアビル202号
診療時間:月・火・木・金9:00~13:00 15:30~19:00
土曜9:00~13:00
炎症性腸疾患
潰瘍性大腸炎・クローン病
当院は潰瘍性大腸炎やクローン病棟等の炎症性腸疾患の治療に力を入れております。
【炎症性腸疾患とはどんな病気?】
大腸及び小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍をひきおこす疾患の総称を炎症性腸疾患と呼び、潰瘍性大腸炎とクローン病が炎症性腸疾患の代表疾患と言われています。
これらの疾患は若年発症で長期間に複雑な経過をたどり、病期や患者の生活習慣に応じた治療が必要になります。
20~30代の若年成人に多く発症し、両疾患とも患者数は下のグラフのように増加の一途をたどっております。潰瘍性大腸炎の患者数の推移クローン病の患者数の推移「難治性炎症成腸管障害に関する調査研究」より引用潰瘍性大腸炎の主な症状は粘血便、下痢、腹部不快感、腹痛、易疲労感等で、クローン病の主な症状は腹痛、下痢、体重減少、発熱、肛門病変等です。
【なぜ当クリニックは炎症性腸疾患の治療に力を入れるのか?】
これまでも大学病院で炎症性腸疾患の診療を行っておりましたが、患者さんの多くが学生さんや働き盛りの方が多く、平日午前のみの外来診療枠では不便を感じておられました。
このたび私が開業する理由の一つにも炎症性腸疾患の患者様通院しやすい環境を作るべきとの理念があり、当クリニックでは炎症性腸疾患の患者様が気軽に通院できるようにしていきたいと考えております。
【どんな治療が受けられるのか?】
ご存知の方も多いかもしれませんが、炎症性腸疾患は緩解と再燃を繰り返し、良い状態の時もあれば悪い状態の時もあります。
当院では下記の表に示す治療方法を行なっておりますが、入院治療を要するような再燃状態の際は、近隣の医療機関や私が炎症性腸疾患の外来治療を行なっている日本医科大学武蔵小杉病院と連携を取り加療を行なって参ります。
栄養療法 経口栄養剤 エレンタール      
内服加療 5ASA製剤 ペンタサ アサコール リアルダ サラゾピリン
ステロイド プレドニン ゼンタコート    
免疫抑制剤 イムラン アザニン (ロイケリン)  
プログラフ       ×
局所療法 5ASA製剤 ペンタサ注腸 ペンタサ坐剤    
ステロイド プレドネマ      
透析療法   白血球除去療法 好中球除去療法     ×
注射療法 抗体製剤 レミケード       導入予定
ヒュミラ      
シンポニー       導入予定
ステラーラ       ×
手術療法           ×
潰瘍性大腸炎とクローン病では若干適応が異なりますので、医師にお問い合わせください。
ご不明な点はお気軽にご相談ください。
PAGE TOP
  • 仲町台駅前まつのぶクリニック
  • 診療科目

    内科・消化器内科・内視鏡内科・外科・肛門外科

  • 住所

    〒224-0041
    横浜市都筑区仲町台1-2-20 フロンティアビル202号

  • 【TEL】045-943-3377
診療時間
9:00~13:00
15:30~19:00
検査
腹部エコー検査 午前
胃カメラ 午前
大腸カメラ
  • 休診日:水曜・日曜・祝日
  • ▲:土曜日の午後は大腸カメラの検査のみとなっております。
    ご希望により午後の内視鏡検査や緊急内視鏡検査も承っております。
    お気軽にお問合せ下さい。
仲町台駅前まつのぶクリニックの地図
詳しくはこちら
駐車場はこちら