アニサキス

アニサキスとは

アニサキスアニサキスは、オキアミというプランクトンを食べた魚を食べることで、人間にも感染します。上腹部や下腹部の痛み、吐き気、嘔吐、発熱などが生じます。痛みの程度は個人差があり、アニサキス自体が人間の体内で1週間ほどしか生きられないため、全く症状が現れないこともあります。
内視鏡で除去すればすぐに症状は改善されます。除去が難しい場合でも、薬で症状を抑えることができますので、ご安心ください。

アニサキスの症状

胃アニサキス症

アニサキスが口内から侵入し、胃の壁に刺さることで発症します。感染してから3~4時間経過した頃に、上腹部の痛み、吐き気、嘔吐といった症状が現れますが、全く症状が現れない方もいらっしゃいます。
治療法としては、内視鏡によるアニサキスの除去によってすぐに症状が改善します。アニサキス感染の疑いがある方は、お気軽に当院までご相談ください。

腸アニサキス症

口内から侵入したアニサキスが腸に達することで発症します。感染してから十数時間~数日が経過した頃に、激しい下腹部の痛み、吐き気、嘔吐、発熱などの症状が現れます。また、珍しいケースですが、腸閉塞や腸穿孔に至ることもあり、その場合は入院での治療が必要となります。

消化器外アニサキス症

胃アニサキス症や腸アニサキス症と比べると非常に珍しいですが、口内から侵入したアニサキスが消化管を破って腹腔に規制してしまう状態です。症状は寄生した場所によって異なります。

アニサキスアレルギー

アニサキスに対するアレルギー症状です。
感染してから、蕁麻疹、呼吸不全、血圧低下、意識消失といった重い症状が現れますので注意してください。

アニサキスとアナフィラキシー

アニサキスによるアナフィラキシーショックの件数は、日本では食物、薬物に次いで第三位となっており、比較的多いと言えるでしょう。これまで、青魚にアレルギーがあると思っていた方が、実はアニサキスへのアレルギーだったということがよくあります。ご自身が青魚アレルギーだと思っている方、原因不明のアナフィラキシーショックが起こった方は、アニサキスが原因ではないか一度検査することをお勧めします。

アニサキスが発見されやすい魚

あくまで傾向としての話ですが、以下の魚にアニサキスが寄生していることが多いです。なお、アニサキスは全ての魚に寄生する可能性があるため、注意してください。

  • ホッケ
  • サンマ
  • サケ
  • サバ(特にシメサバ)
  • イワシ
  • タラ
  • イカ
  • ホタルイカ

アニサキスの検査・治療

検査

内視鏡問診によってアニサキス感染の疑いがある場合は、胃カメラを実施し、場合によってはその場でアニサキスを除去することもできます。
小腸にアニサキスがいる場合は、超音波検査やレントゲン検査、血液検査などでアニサキスの有無を確認しますが、胃よりも奥深くにアニサキスがいることを確かめるのは非常に難しいと言われています。

治療

胃カメラでアニサキスが見つかった場合、その場で除去することも可能です。除去できれば症状はすぐに改善します。
内視鏡での除去が難しい場合は、死滅するまで薬で症状を抑える治療を行います。今のところ、アニサキスを直接除去できる薬は存在しません。

アニサキスへの予防

刺身などで魚介類を生で食べると、アニサキス感染のリスクが高まります。なお、アニサキスは、60度以上の高温で1分間の過熱、もしくは、マイナス20度以下の低温下で24時間以上冷凍することによって死滅しますので、感染を予防することができます。アニサキスは約15㎜の大きさで目に見て分かる寄生虫ですので、食事の際にアニサキスがいないか念のため確認することも大切です。
魚を生で食べる際は、調理の段階で内臓を取り出しておくことで、アニサキスを除去することにもつながります。

TOPへ